ボタニカルシャンプー | 清潔 美容 シャンプー 石鹸

ボタニカルシャンプー

ボタニカルシャンプーは、楽天などで人気を得ているシャンプーで、売り切れ続出だそうです。
 
が・・・
 
 

ボタニカルシャンプーって

楽天売り上げランキングの1位をとっていて、世界に認められたシャンプーということです。 
 
 
が、世界って? 楽天フランス、楽天アメリカ・・・ って全部楽天の中だけやないかー! 
 
楽天ランキングってのはある程度宣伝費を使えば、それなりの順位を取れるとね。 
 
 
そういったからくりの中での順位ですから。まぁ、そのおかげで売り上げが追従してきているってことですね。 
 
 
じゃあ、単なる宣伝の結果なのか?といえば、そうでもなさそうで、 
 
企業ならば、宣伝に策を労するのは当たり前のことで、詐欺でもなんでもない。 
 
宣伝費をかけた結果ってことで、楽天を皮切りに、それこそ世界が認めるボタニカルシャンプー・・・に 
 
なるかもしれない。 
 
 

ボタニカルシャンプーのクチコミ

ネットでボタニカルシャンプーのクチコミを拾ってみました。 
 
どうも、リピートされにくい商品のようですね。 
 
 
ボタニカルシャンプーの口コミで一番よく聞かれたのは、べとべとする。 
 
べたつく使い続けていたらフケが出てきた。 
 
といったものと夏場はだめだなーという意見も多かったです。 
 
 
ただ、すごく合っているという方も若干ではありますが、いらっしゃったので、全然だめというわけでもなさそうです。 
 
フレグランスに関しても2通り。 
 
ババ臭い。 
 
いい香り。 
 
ものすごく嗜好性がわかれるようです。 
 
個人的には、素朴な疑問。なんでシャンプーとトリートメントの香りが違うんだろう? 
 
 
ということで、ボタニカルシャンプーは、490g のボトルなので、外したときには辛いですね?(笑) 
 
 

ボタニカルシャンプー解析

ボタニカルシャンプーは、「しっとり用」の「モイスト」と「さらさら用」のスムースの2種類のシャンプーと 
 
トリートメントがあります。 
 
 
成分を澪てみると洗浄剤がおおくふくまれていることが一目瞭然。 
 
で、その洗浄剤も確かに「天然由来」を軸としたココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ココイルグルタミン酸Naはアミノ酸系洗浄成分で構成されており、髪、肌にはよさそうです。 
 
グリチルリチン酸2K、サトウキビエキス、セラミド2 の保湿成分も含まれ、頭皮環境にやさしいシャンプーのようです。 
 
他のシャンプーに比べて、修復系の成分が余り含まれていないようなので、 
 
あくまでも洗髪を軸に作られたシャンプーですね。 

成分 【モイスト】 【スムース】 役目
グリセリン 保湿成分
コカミドプロピルベタイン 洗浄剤
ヒドロキシアルキル(C12-14) 洗浄剤
ヒドロキシエチルサルコシン 洗浄剤
ココイルメチルタウリンNa 洗浄剤
ラウロイルメチルアラニンNa 洗浄剤
ラウラミドプロピルベタイン 洗浄力補助
ラウロイルサルコシンNa 洗浄剤
ラウレス-4カルボン酸Na 洗浄剤
ココイルグルタミン酸Na 面活性剤
デシルグルコシド 洗浄力補助
グリチルリチン酸2K 殺菌
サトウキビエキス 保湿成分
セラミド2 保湿成分
PEG-30フィトステロール コンディショニング
加水分解ヒアルロン酸 保湿成分
加水分解コラーゲン コンディショニング/保湿
加水分解ケラチン(羊毛) コンディショニング
コカミドMEA 泡立ち
リンゴ酸 コンディショニング
ポリクオタニウム-10 コンディショニング
エタノール 安定剤
BG 防腐効果
DPG 保湿剤、乳化剤、殺菌剤、溶剤、感触改良剤
PEG-400 コンディショニング
PPG-4セテス-20 結合剤
ジステアリン酸PEG-150 乳化安定剤/増粘剤
セテアレス-60ミリスチルグリコール 増粘剤
EDTA-2Na 軟水化
メチルイソチアゾリノン 防腐剤
メチルクロロイソチアゾリノン 防腐剤
塩化Na コンディショニング
香料

ボタニカルシャンプーの評価

洗髪を軸に考えて構成されているシャンプーですので、これといって目的のない場合には、髪に優しいシャンプーです。 
 
ただ、使用感は、まちまち。 
 
 
 
 
頭皮環境を整える目的であれば、ボタニカルシャンプーよりもこちらがおすすめ。 
 


 
 
 
頭皮と毛髪のコンディション調整を求めるならば、こちらがおすすめです。