清潔 美容 シャンプー 石鹸

シャンプーを知る

シャンプー選びのコツは、シャンプーを知ることから始まります。
 

シリコンシャンプー

シリコンシャンプーは、軋まない、要するに荒れた髪をコーティングして指どおりをよくする。 
 
反面、カラーなどが浸透しにくいとか、シリコン成分がはがれるとき 
一緒にキューティクルも剥がしてしまうという欠点があります。 
 
シリコンによって毛穴がふさがるとかいうのは、メーカー辺りの販売戦略プロバガンダ。 
 
 
シリコンの成分として使われているのが以下のような成分。 
シャンプーのボトルなどに書かれている成分をチェックしてみてください。 
シャンプーの場合、成分はすべて書きださなければいけないという決まりがあるので、 
入ってるものは、すべて表記されています。 

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シリカ
  • シリル
  • シロキ
  • シラン

 
など。 
 

ノンシリコンシャンプー

流行のノンシリコンシャンプーは、シリコンを使わない。。。とか言ってますけど、 
嘘つき商品も多いわけです。 
 
シリコンが入っていなければ、指どおりが悪いとかいわれるしね。 
そこで、成分表に名前を変えて掲載しちゃってたりします。 
 
基本的にシリコンを入れずに洗浄剤のみで構成してしまうと、結局、きしむだとか 
洗い心地が悪いってことになってしまいます。 
 
もっともシリコンのシャンプーの場合、毛先にシリコン成分が残って髪が重くなるので、 
髪の細い方、髪の腰がない方には、シリコンシャンプーよりは、シリコン成分の少ない、 
ノンシリコンシャンプーを使った方が、髪のボリュームが出るということになります。 
 
さらに、シャンプーにシリコンが少なくてもシリコンがガンガン入ったトリートメント、 
コンディショナーを使っていたら意味がないとか、はっ!と気づいてくださいね? 
 
 

シャンプーの洗浄成分

シャンプーの洗浄成分には、大きく分けて以下の系列があります。 
 

石けん系

洗浄力が高い 
肌ダメージが小さい 
 
洗浄力が高いということは、油分を洗い流すわけですから、必然的に 
髪がパサつくということになります。 
そこで通常は、キューティクルを閉じるために酸性成分が入ることになります。 
 
カリ石けん素地などが入っているのが石けん系です。 
 
 

アミノ酸系

マイルドな洗浄成分を使っていますから、その分汚れ?油分?が残ることになります。 
その結果、きしみがよわく、指どおりもそれなりにいいということになります。 
 
ただ、ヤシだとかの天然成分が入るので、アレルギーを持っている方は気を付けないといけない。 
 
さらに、防腐剤もあまり入れないようにしてあるらしく、悪くなりやすい。 
使用期限を注意して使う必要がありますし、なんつっても詰め替えに気を付けて。 
 
ボトルの底に残っているものが腐敗してしまっては、せっかく詰め替えても意味がない。 
 
妻変えるときは一度ボトルをよく洗い、乾かしてから詰め替えるようにしましょう。 
アルコールで洗うといいとかいいますが。 
 
ココイルグルタミン酸 
メチルアラニン 
などがアミノ酸系です。 
 
 

高級アルコール系

洗浄力がとても強くて、もう髪バリバリ。 
でも泡立ちが良くて、洗った~~~って気分になるのは間違いない。 
 
殺菌力にも優れていますから、常在菌(いないといけない菌)まで殺してしまうので注意。 
結局肌荒れになってしまう。 
 
ラウリル硫酸 
ラウレス硫酸 
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸 
とかが高級アルコール系。 
 
弱酸性ってあったりするとなんか安心するけど、気を付けよう 
シャンプーの弱酸性は、肌荒れを起こしやすい。 
 
 

シャンプーの界面活性剤

要するに上同様、洗浄剤ですね。 
 
これには、天然由来と石油由来があります。 
雰囲気でわかるように石油由来は、強力。肌荒れ注意。です。 
もっとも、メーカーだってバカじゃないですから、それを補う成分を入れているのは 
間違いないので通常は目くじら立てて避ける必要はないでしょう。 
 
 

石油由来界面活性剤

  • ラウリル硫酸Na
  • スホルン酸Na
  • コカミドDEA
  • ポリオキエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  • キシレンスルホン酸カリウム
  • パレス-3硫酸Na

 
辺りがそれです。 
 
 

天然由来界面活性剤

アレルギー体質の方は要チェックですね。 
 

  • カリ石鹸素地
  • ステアロイルグルタミン酸Na
  • ココイルアルギニンエチルPCA
  • ココイルグリシンK
  • リゾレシチン
  • ミリスチン酸

 
等がそれです。 
 
 

機能面でのシャンプー

シャンプーには、いろんなタイプのものがありますね? 
 

リンスインシャンプー

要するにシャンプーにリンスを混ぜたらリンスインシャンプー・・・じゃないですから(笑) 
 
一定温度だと洗浄剤の邪魔をせず、一定温度以下になるとシリコン的な働きをするような 
成分を高度に混ぜ合わせたシャンプー。 
 
髪を洗うのが面倒な方にはもってこいかも・・・ 
でも、よく洗い流さないと成分が成分なだけに・・・ 
 
 

ダメージヘアー&カラーヘアー

これもよくわからないシャンプーですね? 
 
キューティクルの間から油分を投入し、かつ、カラーの部分を保護するって・・・ 
 
いずれにしても分け変わらない成分が入っている?ので、頭皮がかゆくなったり、 
赤くなる場合があるので、その場合は、即使用をやめてお医者さんへGo 
 
 

フケ防止

フケというのは、頭皮が乾燥していてそれがはがれるのが原因。 
あまりのも大きなフケが出る場合・・・ ちゃんと洗いなさいよ!って問題。 
 
そうじゃない場合は、シャンプーに頼るよりお医者様へGoです。 
 
ようするに気のせいのシャンプーと思います。 
 
 

まとめ

シャンプーの賢い選び方は、シャンプーの成分を知るってこと。 
 
アレルギーを持っている場合は、天然由来成分をチェックする必要がありますね? 
 
自信の頭皮の質、髪質などによってもシャンプーの合う合わないが出てきます。 
 
口コミを頼りにシャンプーを選ぶのは、一人一人そういった頭皮、頭髪事情が違いますから 
あまり意味がないことかも。 
 
似たような環境の方の話を探すよりは、成分をチェックして使って見るのが一番 
 
 
名もないシャンプーがドンピシャだったり、逆に有名なものがドンピシャだったり。 
 
 
シャンプー業界は、都市伝説が多く、また、様々な、販売の戦略が重なっていますからね。